銀行カードローン厳選掲載中!

銀行カードローン厳選!

銀行のカードローンを厳選掲載!総量規制でにわかに注目があつまる銀行のカードローンのうち、全国区の大手銀行が発行する、低金利のカードローンをご紹介しています。融資が必要な方、すぐに申し込めます。

銀行カードローンの大手どころをご紹介!

総量規制も対象外ということで、銀行のカードローンが人気を集めています。特に大手のカードローンは低金利でATM網も豊富で、審査も迅速とあって、たくさんお申し込みいただいています。

三菱東京UFJ銀行カードローン

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
4.6%〜14.6% 最短30分 不要 なし 10万〜500万
主婦30万円以内
学生10万円以内


当サイト人気ナンバー1です。日本を代表する大銀行が発行するカードローンとあって安心感も人気もダントツです。急ぎの方はテレビ窓口の利用で即日審査にも対応可能です。


住信SBIネット銀行カードローン

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
1.89%〜7.99% 迅速 不要 なし 10万〜1000万


ネット専業銀行ですが低金利ということで人気になっています。また、あまり注目されていませんが、ここは初めての方限定で無利息で借りることもできます。おすすめです。


じぶん銀行カードローン

じぶん銀行申込み 金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
2.4%〜17.5% 最短即日 不要 なし 800万
学生10万円
主婦30万円


三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資して設立されたネット専業銀行です。『通帳と携帯する』というコンセプトだけあって、パソコンや携帯での口座管理がしやすいと評判です。

楽天銀行スーパーローン

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
4.9%〜14.5% 1〜2営業日 不要 なし 500万


楽天グループのネット専業銀行のカードローンになります。おまとめ、一本化といった使い方にも対応可能で、楽天のポイントを活用したキャンペーンもあり、人気になっています。


イオン銀行カードローン

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
3.8%〜13.8% 即日審査
(※原則14時迄のお申し込みに限る)
原則不要 なし 800万


主婦に特に人気が高いカードローンです。




人気は三菱東京UFJ銀行カードローン

当サイトの一番人気は三菱東京UFJ銀行のカードローンになります。
メガバンクでCMも大量に投入されていますので、親しみやすさが人気の要因ですが、低金利で限度額も最高で500万円、さらに口座をお持ちの方なら即日融資(即日振込みサービス)にも対応可能という点も評価されています。

 

2番目に人気なのは住信SBIネット銀行カードローンです。
金利重視の方に大変人気が高いのが住信SBIネット銀行になります。下限金利は国内のカードローンでは最低クラスであるにもかかわらず、上限金利も非常に低くなっています。もちろん、ネット銀行とはいえ、れっきとした銀行ですから総量規制のた対象外でもあります。

 

3番目にじぶん銀行です。こちらはまだ誕生してそれほど経ってないため3番手となっていますが、携帯(au、ドコモ、ソフトバンク)から口座管理ができるとあって、便利さはぴか一です。さらに、三菱東京UFJ銀行が親会社ですので、口座をお持ちであれば即日融資にも対応可能です。
近い将来、一番人気になるかもしれません。

 

4番目は楽天銀行スーパーローンです。
こちらは、やはり下限金利が4.9%と、日本のカードローンの中では1,2を争う低金利です。楽天銀行もおまとめローンとしての利用をアピールしており、借金を一本化したい方にはおススメです。

 

他では、住信SBIネット銀行ばりの低金利で話題になっているオリックス銀行のカードローンにも注意が必要です。オリックスと名のつくカードローンはオリックスVIPカードローンが有名ですが、こちらはオリックス銀行本体のカードローンとなります。オリックスVIPローンカードと大きく違うのは、総量規制の対象外であるという点です。銀行カードローンのくくりに入りますので、金利に注目している方や総量規制対象外のカードローンをお探しの方はご検討ください。

 

他にはイオン銀行のカードローンも人気を集めつつあります。

銀行カードローン利用手順

上記の各カードローンの『貸付条件』ボタンをクリックすると、貸出条件を掲載しているページへジャンプします。その貸出条件をご確認のうえお申し込みいただく形になります。

 

なお、カードローンは大まかにいうと、以下のような流れで申し込むようになります。

 

カードローン申し込みの流れ
1:インターネットより申し込む
銀行窓口でももちろん申し込めますが、カードローンを申し込む際にはインターネットからの申し込みをおすすめします。インターネットの方が「対応が迅速」であるというメリットがあります。
インターネットからの『オンライン申し込み』には各銀行ともにマニュアルに沿った流れができあがっているため、基本的に流れがスムーズに進むことが多いようです。審査は属性次第(状況次第)で、インターネットだから通りやすいといったことはないと思われますが、どちらにせよ、結果が早くわかるのは非常に助かります。ですから申し込みはインターネットからがおすすめです。

 

2:審査結果連絡
申込の入力作業は極めて簡単です。おそらく、ほとんどの人が15分〜30分もあれば完了します。申し込み入力をすませたら審査結果を待ちましょう。
銀行のカードローンの場合、通常なら2日〜3日程度で結果が連絡されますが、即日振込み対応しているところなどはその日のうちに連絡がくることもあります。

 

3:ローンカード受取・融資実行
最寄りの支店でローンカードの受け取りを完了すれば、融資を受けることが可能です。また、審査を申し込んだ日のうちに融資OKとなれば、その日のうちに融資を受ける、「即日融資」も可能です。もしくは、即日振り込みに対応しているところであればこちらの指定口座に希望額が振り込まれます。
これは、じぶん銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行が口座さえ持っていれば即日振り込みに対応しています。
即日融資に対応していないところだと、早ければ1〜2営業日でローンカードの受け取りが可能となります。

 

4:書類等の送付
書類を郵送でやりとりする場合は、3のローンカード受取の前に契約書や身分証明書のやりとりをする場合もありますし、カード受取が先で、その後書類のやりとりをする場合もあります。
このあたりは各社様々ですので公式サイトの申し込みの流れをご確認ください。

カードローンで助かった!

結婚式ラッシュで多い月には10万円を超える出費!お祝い事で欠席するわけにもいかず、やむなく某銀行のカードローンを利用しました。繰り返し使えるのがメリットで、ボーナスまで借入⇒返済を繰り返し、ボーナスで一括返済しました。うまく活用できたと満足しています。

 

 

ついつい気が緩んで一枚カードローンを利用し始めると、返済が苦しくなって次のカード、次のカードと、合計3枚のローンカードをつくってしまいました。さすがに将来的な返済がうまくいくのか不安になり、銀行に相談に行ったところ、おまとめローンを紹介され、今はそれに一本化しています。一つにまとめることで不思議と精神的に楽になりました。

 

 

年収が低く、会社の将来の見通しも悪いため、カードローンのお世話になっています。贅沢をするために使っているわけではなく、日々の生活費をなんとかねん出するために返済可能な範囲内での利用を心がけています。そのおかげで今のところはなんとかやりくりがうまくいっています。ボーナスなどが期待できないため、ダブルワークを始めましたが、週に2日ほどのバイトで返済は十分賄え、以前よりは生活も楽になりました。カードローンのつなぎのおかげで助かりました。

 

 

子どもの結婚費用の捻出のために、銀行のフリーローンで50万ほど借り入れました。さほど返済は気にしてなかったのですが、いざ返済が始まると月によっては厳しい月もあり、銀行に相談してカードローンに借り換えました。カードローンなら苦しい月は追加の借入もコンビニATMでできますので、大変重宝しています。借入額も順調に減っていますので経済的な不安も持っていません。

 

 

連日の飲み屋通いがたたり、消費者金融のカードローンを申し込みました。何度でも繰り返し使えるということなので、限度額も300万で申し込もうかと思ったのですが、あまり高額の枠を希望して審査に通らなかったらシャレにならないので、50万の希望で申し込みました。審査もすんなり通り、今では枠も150万まで増やしてもらえました。でも使いすぎは怖いので15万くらいから増えないように気を付けています。

 

 

カードローンを選ぶときにあまりしっかり選ばなくて決めてしまったけど、よく調べたら自分が利用しているところより条件がいいところを見つけた時は借り換えを検討するといいですよ。カードローンの借り換えは、手間がかかりそうで面倒そうですが、返済能力の問題がなければスムーズに借り換えできる場合が多いです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ